上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.16 『日本沈没』
おすすめです。



jIMG_6047


だいぶ前に読んだ、小松左京さんの『日本沈没』。
おととし公開された剛ポンの映画をきっかけに読みました。
けど映画は見に行かなかった。

この本、なかなか年季が入ってるでしょう。
昭和48年発行とありました。私まだ生まれてないし。
父から借りた(貰った?)ものです。
古いだけになかなか読みにくい(苦笑)。

でも、これを読むと大地震が起きる原理がちょっと分かったし、
(ここで書かれていることは空想ではないそうです)
ストーリーは日本各地で小地震が起き、だんだん大きくなっていって
大都市で大地震が起きて、ついに日本は、、、という内容。

これは!いつ東京に大地震がきてもおかしくないっ!と思えてしまう。
読んでから各地で起きる地震が妙に気になって、
(北海道か。今度は九州。。茨城で結構大きかった。ってことは次は
東京で震度6か??)って思ってしまう。
と書いてる今、ちょっとゆれたんだけど(汗)。

この前テレビで剛ポンの映画を放送していたので、もちろん見ました。
(。。。。。は??)
と思ったのは一緒に見ていた父も同じでした。
人物設定が全然違う。
話の中身もだいぶ違う気がする。
それよりなにより、結末が変わっちゃってないか?
なんだか納得がいかないのでした。

そんなわけで、日々各地、いや世界各地の地震が気になってしまう今日この頃です。
といっても防災グッツを買い揃えたりしてるわけじゃないんだけどね。


ka01

Secret

TrackBackURL
→http://jiroudaisuki.blog79.fc2.com/tb.php/296-c0f012ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。